サブリース契約の仕組みや内容

大阪でのサブリース契約の仕組みを紹介します

大阪でサブリース契約を結ぶ際は

家賃保証制度契約を利用する人が増えています

最近利用する人が増えていると言われるのがサブリースであり、大阪でもサービスの利用は可能です。ただ、サービスを利用する際はその仕組みや、他のサービスとの違いを把握しておくことが大切です。サブリースというのはいわゆる一括借り上げによる家賃保証制度契約になり、サービスの内容としては次のようになっています。まず不動産会社は、貸主より対象となる物件を一括で借り上げ、借り上げた物件を今度は入居者に転貸します。賃貸物件の運用をすることで発生する家賃の集金やその他の手続き、管理などは、すべて不動産会社が行ってくれます。アパートやマンション経営では空室リスクが問題になることがありますが、たとえ入居者が集まらずに空室になったとしても、一定額の家賃を保証会社が保証してくれるのが大きな特徴と言えます。この契約は家賃保証と同じ意味で用いられることも多く、主として新築の物件を建築する際に契約されるのが一般的です。

一般的な賃貸経営の場合、物件所有者であるオーナーは、まずは対象物件の入居者と賃貸借契約を結びます。その後、家賃収入をから管理費などの必要経費を全て差し引いた額を家賃収入として受け取ることになります。その一方でサブリース契約は、上記でも申し上げた通り、専門会社である不動産会社が賃貸物件を最初に一括で括借り上げるのが大きな特徴です。そしてオーナーはそこから、一定の保証賃料を受け取ることになります。

家賃保証制度契約の具体例について

具体例で見てみましょう。例えば、1室5万円のマンションに12室の部屋がある場合、その部屋が全て埋まったときの家賃収入は、5万円×12室の60万円になります。このように毎月60万円の家賃収入を得ることができるようになります。不動産会社と契約して家賃保証を受け取る際は、満室に埋まった場合の家賃収入85%程度を、家賃保証会社から受け取ることができます。ちなみに85%という割合についてはそれぞれの不動産会社で異なりますので、前もって確認しておくとよいです。大阪の不動産会社もそれぞれ異なりますので、契約する際にしっかりとチェックしておきましょう。このように不動産会社と契約することで、オーナー自身は、自らの収益物件が満室であっても空室であっても、満室時の85%程度の家賃収入を得られるのがメリットと言えます。ただ、契約した当初の家賃額がそのまま継続して保証されることはあまりなく、数年後には賃料改定が行われることも少なくありません。その点は契約書にも記入がありますので、確認しておく必要があります。大阪で家賃保証制度契約を締結する際は、仕組みを理解しておきましょう。

人気記事ランキング