サブリースでアパート経営

サブリースのポイント紹介

サブリースの基礎知識を学びましょう

「一括借り上げ」や「空室保証」のことを意味します

サブリースとは、又貸しとか転貸の意味になりますが、賃貸経営ではよく耳にする「一括借り上げ」や「空室保証」のことをサブリースといいます。自分でマンションやアパートを経営するのはとっても大変で、せっかくアパートを建てても入居率が悪ければ、経営が成り立ちません。個人では空き室を埋めるだけの宣伝力や営業力が足りないことが多いのです。そこで登場するのがサブリースです。大手不動産会社がお客様の土地を借り上げて、アパートやマンションを建てて経営代行をしてくれます。

アパートに安定した入居率が得られれば、それだけ経営が順調にできます。これには、やはり立地条件やアパートの種類、間取りなどさまざまな経営ノウハウが必要です。たとえば、大阪の「ツインライフ倶楽部」などに入会して、セミナー参加や情報交換などをしてみてはいかがでしょう。ここでは、自分で経営する場合のノウハウはもちろんの事、メリットやデメリット、実際に大阪で行っているサブリースの経営実績など様々な情報を入手することができます。大阪では実際に成功している事例が非常に多くあるので、サブリースには最も適した地域です。それから、ご自分の初期費用がどのくらい必要かとか、お持ちの土地でアパートを経営した場合、実際に部屋が埋まるだけの立地条件なのかも分かります。サブリースは、本来賃貸経営をするオーナーをサポートするものですが、現在では一歩進んで一括借り上げが主流になっています。その場合に自分が実際に得られる利益についても、よく確認しておきましょう。後々トラブルの元になることがあります。

空き室保証と賃貸管理・メンテナンス

大手不動産会社などが、条件の良い土地のアパートなどを借り上げて、経営を代行してもらえるサブリースですが、空き室保証をしてもらえれば、自分で入居者を集めなくても不動産会社で責任をもってもらえます。これが最大のメリットといえますが、他にもメリットは沢山あります。まずは、煩わしい賃貸管理が不要ということです。家賃の取り立てや入居の交渉はすべてサブリースの会社に任せられます。さらに、毎年必要になる部屋や建物のメンテナンスまで、管理をしてもらえます。メンテナンスが不十分だとアパートの傷みも早く、入居者からの苦情が多くなったり、入居率が下がります。この管理まで任せておけるのは、経営者にとって大きなメリットです。大阪に土地をお持ちの方は、サブリースでアパート経営に乗り出してみてはいかがでしょうか?

人気記事ランキング